DMMで日本初の NoCodeサロン を運営 「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発 」

WordPressサーバーをwpxからヘテルムサーバーに変更しました

WordPressのサーバーをxseverのWPXからレンタルサーバーheteml(ヘテムル)
へ変更しました。

いままでは、WordPressのサーバーとしては、ロリポップを使っていたのですが、アクセス数が、1000超えたあたりからサーバーが重くなったことと、データベースの技術的に負荷がかかりすぎるという理由で、Wpxへ変更しました。変更した時の感想としては、「管理画面ってサーバーによってこんなに早くなるの?!」って感じたことを覚えています。そのあたりの変更方法は、過去エントリーにて参照ロリポップからWPXサーバーへのサーバー移転をする方法

状況としては、WPXにて運用しているサーバーが5つあり、今後も増やしていきたいと考えていました。
ところが、1つの契約で10ドメインしか持つことができません。

今回Wpxからヘテルムサーバーに乗り換えた理由としては、マルチドメインが無制限でできることが非常に刺さりました。

マルチドメインとは?

一つのサーバーで、複数のドメインを持てる機能です。
基本的にできることが多いのですが、ドメインを増やした分、アクセス(データベースも)が増えるのでサーバー負担がかかります。

20150607hetemul

ヘテルムサーバーの性能に関しては、SSDサーバー採用でもあったので、サーバー機能が上がるかな?と思いましたが正直体験ベースではあまりわかるほどではありませんでした。

しかし、複数のアドレスを持つ必要のある方にはおすすめです。

まとめ

ロリポップ、WPX、ヘテルムと3つのサーバーを試してきましたが、サーバーとはいえ、各サポートにも特徴があることに気づきました。
初心者には、圧倒的にロリポップが良いと思いますが、ある程度なれてくると、さくらサーバーやheteml(ヘテムル)
ーなども試してみると良いかもしれません。

記事が良いと思ったらシェアして頂ければ励みになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

国立工業高専卒業(新居浜工業高等専門学校) 「イベント×IT×営業」のカスタマーサクセスマネージャーとして活躍。セールス→構築管理運用まで全体プロジェクト管理の豊富な経験あり。 ・主にITに関するイベント集客/法人営業/開発を担当 ・大手通信会社を中心にエンタープライズのIT導入を担当(B2B) DMMで日本初の NoCodeサロン を運営 「NoCodeCamp プログラミングを使わないIT開発 」 https://lounge.dmm.com/detail/2549/